レバリズム-Lってどういう成分が入ってて効果があるの?副作用とかないの?

肝臓のために働くサプリ、それがレバリズム-L!

 

アルコールを大量摂取してしまうことにより起きるアルコール脂肪肝や肝炎などを防いで、肝機能を改善する効果をもたらしてくれるという事ですが・・・

 

でもお酒を飲んでる身としては気になるのです。「どうしてレバリズム-Lって肝臓に効果があるのか」を。

 

はやり科学的な根拠が欲しいところですね。あと副作用とかもちょっと不安なのでそこのところを知りたい!と思ったので成分などを詳しく調べてどうなるのか解説していきます。

 

 

最初にレバリズム-Lというサプリがどういった成分から作られているのか知ろう!

 

まずこれが分からないと副作用の事も分かりませんよね。

 

という事でレバリズム-Lの成分を徹底解明します。

 

レバリズム-Lの成分は・・・

  • L-シスチン 80mg
  • ビタミンB 0.8mg
  • ビタミンE 8.0mg
  • 牡蠣エキス末 10mg、
  • シジミエキス末 10mg
  • スクワレン 10mg
  • サフラワー油 151.2mg
  • ミツロウ 18.0mg
  • グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg

 

うーん結構ありますね。
一応主要な成分は9種あることが判明しましたね。

 

この成分たちがどういった働きを見せるのか見ていきましょう。

 

ちなみに肝臓に効果的とされている栄養素は・・・

 

  • ビタミンA・C・E(抗酸化ビタミン)
  • 亜鉛などのミネラル
  • タンパク質

 

この3つであるといわれていますね。

 

副作用については成分をそれぞれ見てから書きます。

 

「L-シスチン」とはタンパク質を構成するアミノ酸の一種

主に肝臓やお肌のトラブルに効果があります。L-システインが二つくっつくと、L-シスチンとなります。大事なのはこれがタンパク質のようなものという事になります。肝機能の改善にはタンパク質は肝要となりますから、これも大切な栄養素です。

 

主な効果はお肌の代謝をよくする事だそうで、肝臓が悪くなるとお肌のトラブルも多くなって、老けて見えてしまうといいますから、効果に期待がかかります。

 

ビタミンBは脂肪を代謝する機能をサポート

肝臓のトラブルといったら大体脂肪肝ですから大いに効果を期待できます。あとダイエットにも効果があるといわれています。

 

亜鉛を沢山含んだ牡蠣エキスで肝臓への効果をもたらす?!

これは栄養素ではなくて、食品のエキスになりますから、色んなエキスが配合されています。中でも亜鉛は肝臓にとても良いといいます。タウリンが多めなのも良い感じです。お酒を飲む人には必須なエキスですね。

 

オルニチンを多量に含んだしじみエキスの肝臓への効果が大きい?!

 

しじみにはオルニチンというアミノ酸の1種が物凄く豊富に含まれています。

 

解毒の作用が強く、肝臓の働きを補強してくれることが出来ます。肝臓への負担を減らせますから、結果的にはお酒を飲み過ぎても、不安になりにくい生活を送れるようになるかもしれませんね。

 

スクワレンは深海に住むサメから発見されたという、肝臓に酸素を運ぶのをサポートしてくれる栄養素

 

細胞が動くために必要不可欠なのが、酸素になります。スクワレンは肝臓に酸素を運んでくれるのを助けてくれる栄養素になっています。発見されたのは100年ほど前で、貴重な栄養素になります。

 

 

※ここまでは成分について解説してきました。あとはあまり大きな効果がないようなので、解説を省略します。

 

そしてレバリズム-Lの副作用ってあったりするの?

 

副作用に関してですが、牡蠣とシジミを原料にしていますから、それらのアレルギーを起こす可能性があるので、人によってはアレルギーが起きてしまうかもしれません。

 

アレルギーのある人は医師と相談したり、公式サイトに問い合わせてみて飲んでも安全かどうかを確認しておきましょう。

 

心配するのはそれぐらいで特にアレルギーがないという人であれば副作用は心配ないようです。でも1日3錠という規定量はちゃんと守りましょう(飲み過ぎてお腹を下した者より)

 

レバリズム-Lに期待できる効果って何があるの?

 

このようにレバリズム-Lを総合的に見てみると、ビタミンやアミノ酸といった人間が生きるために必要な栄養素がてんこ盛りで入っているといえますね。

 

なので肝機能の改善は勿論の事、お肌の若々しさや、活力、エネルギッシュなど、自分の肉体を健康的に保つための期待が大きいサプリだと思います。

 

健康補助食品という言葉はただの飾りというわけではないようです。