レバリズム-Lという肝臓サプリが二日酔いに効くらしい

大酒飲んだ後にやってくるのが二日酔い。

 

吐き気と頭痛でこの世の終わりみたいな気分にって、その日はもう何もしたくなくなってきます。

 

とはいっても二日酔いの出た日が、必ずしもお休みというわけではありません。

 

仕事となれば、その気持ち悪さを我慢して出勤しないといけません。「こんな時二日酔いを治してくれるサプリがあったら・・・」と思うのも無理がありませんね。

 

そんな時にアルコール性脂肪肝に効果があるというレバリズム-Lというサプリがあります。

 

レバリズム-Lに二日酔いへの効果があるのかを調べてみる事にしました。

 

 

二日酔いのメカニズムについて知って、治し方を知ろう

 

二日酔いとは、アセトアルデヒドの濃度が異様に濃くなることで起きる深い症状です。

 

※アセトアルデヒドとはアルコールが胃腸で吸収されて、肝臓で変化したものです。アセトアルデヒド自体は分解されると最終的には水と炭酸ガスになりますが、分解が追い付かずにいるとアセトアルデヒドで体内が満たされて、二日酔いとなってしまいます。ですから、二日酔いの状態とは、アルコール自体は濃度が低く、アセトアルデヒドが濃くなっている状態です。

 

ですから二日酔いが出ている人は肝臓そのものの働きは正常という事です。

 

肝臓の役割である、アルコールをアセトアルデヒドに変化させるという事をしっかりこなします。二日酔いを治したり予防するためには、アセトアルデヒドを分解する力を強めていけばいいわけですね。

 

確かにこのアセトアルデヒドの分解する力を高められれば二日酔いの改善にも役立ちます。

 

でも、アセトアルデヒドを分解する能力は、人体が持つ「アセトアルデヒド脱水素酵素」に頼るもので、これの量は生まれつきで差があるものの、量自体は変動しません。

 

なので二日酔いを治したり予防するためには、「アセトアルデヒド脱水素酵素」を増やしてしまうのが最善策です。しかし生まれついて決まっている物の量ではどうしようもないというのが現実です。

 

だったらレバリズム-Lは二日酔いへの効果はないのか?

 

レバリズム-Lはあくまで肝臓の働きをサポートし、アルコールをアセトアルデヒドへと変化させるお手伝いをしているだけです。

 

なので二日酔いの原因となるアセトアルデヒド自体を減らすことは出来ず、二日酔いには効果がないといえます。

 

強いて二日酔いへの効果を上げるとすれば肝臓が元気になればアルコールを分解する力が強まりますから、酔いにくくはなるのでは・・・と思いますが。

 

二日酔いって辛いんだけど何とかする方法ってあるの?

 

二日用の治療法はない事はないですが、対処療法となってしまいますね。

 

二日酔いにより起こる主な症状は

 

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃痛

 

などなど・・・

 

こんな感じですね。

 

それぞれの対処法としては頭痛ならカフェインなどを摂取したり、吐き気・食欲不振・胃痛といった症状にはタンニンを摂取してみると症状は多少緩和されたりします。

 

カフェインには体のだるさを軽減させる効果があって、タンニンには胃の粘膜を治してくれる効果があるからですね。

 

タンニンとカフェインの効率よく摂取する方法

 

頭痛がひどい時

 

胃を悪くしないようにコーヒーにミルクを沢山いれて飲んでみるといい。カフェオレとかがオススメですね。

 

吐き気・食欲不振・胃痛でタンニンを摂りたい時

 

タンニンを摂りたいのであれば、暖かい日本茶をゆっくりと飲んでみましょう。

 

 

二日酔いのつらい症状を軽減したいのであれば、以上の対処療法が良いでしょう。

 

あとタンニンは柿にも多く含まれている上に、アルコールの分解に必要となる糖分も摂れますから、二日酔いにはもってこいの食べ物ですね。

 

俗にいう「悪酔い」というのは、アルコールが分解できてないせいで、アルコールが体内に多く残っている状態です。二日酔いとは真逆の症状という事です。

 

もし悪酔いしやすいという人がいたら、そういう場合ならレバリズム-Lで肝臓の機能をサポートしてあげれば、症状が少し改善されるかもしれませんよ。