肝臓に効果あるってホント?レバリズム-Lの主要成分である、オルニチン、亜鉛、タウリンについて

レバリズム-Lは肝臓の機能改善に効果のあるわプリメントですね。

 

どうしてレバリズム-Lが肝臓に良い効果をもたらすかというと、肝臓にとても良い働きをしてくれる成分を沢山含んでいるからなんですね。

 

特に効果があると一般的に言われているのがこの3つです。

 

  • オルニチン
  • 亜鉛
  • タウリン

 

でもただ単に「効くんです!」といきなり言われてもちょっと躊躇してしまいますよね。なのでそれぞれの成分が、肝臓にどのような効果をもたらすかを解説していこうと思います。

 

※まぁ結論からいうとオルニチン・亜鉛・タウリンの3つが肝臓に良い効果をもたらすのは間違いなのですが。

 

 

レバリズム-Lに配合されているオルニチン・亜鉛・タウリンの3つについての解説

 

まず、シジミにはオルニチンがたっぷりと含まれ、牡蠣には亜鉛とタウリンが沢山含まれています。

 

レバリズム-Lの原料はおもにシジミと牡蠣ですから、オルニチン・亜鉛・タウリンがそれだけ沢山入っている事になります。

 

オルニチンが肝臓にもたらす働き

 

オルニチンというのは、肝臓の働きを手助けしてくれるアミノ酸の一種になります。(アミノ酸とはタンパク質が分解されたものを指します)

 

肝臓の主な働きとは、解毒と代謝、あと栄養をの分解などをお手伝いしてくれたりします。

 

健康診断などで「肝臓の数値が悪い」というのはこの機能の働きが悪くなっている事なので、オルニチンを積極的に摂ることで、肝臓の働きを後押しして、肝臓の負担を減らしていく事が出来ます。

 

肝臓は体内に蓄積されたアンモニア(毒素)を尿素へと変換してくれて、体内の解毒をしてくれるわけです。

 

この解毒機能の動きがアルコールを摂りすぎる事で邪魔されたりすると、おしっこの色が濃くなったり、身体の疲れが取れにくくなるなどの症状が出てきてしまうわけですね。

 

亜鉛が肝臓にもたらす働き

 

亜鉛は「精力を上げる」アプリなどでよく使われますが、肝臓にも関連の強い栄養素でもあります。

 

誰もが知っている事として肝臓がアルコールを分解する事があげられますね。でも、肝臓がアルコールを分解する際には、この亜鉛を大量に使っている事はあまり知られていません。

 

「夜のお薬」なんて言われ方もされてますが、お酒を飲むときにも必要な栄養素なわけです。

 

もし亜鉛が足りなくなってしまうと、肝臓のアルコールを分解する力が弱まってしまい、体内にアルコールの毒素が蓄積されまくってしまう事となります。

 

まとめれば、亜鉛とは肝臓にとって燃料のようなもので、足りなくなると肝機能は正常に動かなくなってしまいます。

 

タウリンが肝臓にもたらす働き

 

肝臓はずっと働いています。なので、うっかり酷使してしまうと肝臓を構成している細胞も弱っていってしまいます。それを予防してくれる栄養素がタウリンとなります。

 

  1. 肝細胞を再生する
  2. 脂肪肝に効果を発揮

 

これらがタウリンのもたらす効果という事です。

 

肝臓はもとから再生機能の強い臓器ですが、タウリンはそれを更に強くしてくれる有難いものです。

 

毎日の酷使によって肝機能が弱まり、再生機能が弱っていても、タウリンを摂ることで補うことが出来たりもします。

 

あとタウリンには中性脂肪を身体の外に出す効果もあって、これが脂肪肝への効果となります。

 

肝臓の数値を下げるという事からも、とっても重要な栄養素という事ですね。

 

オルニチン、亜鉛、タウリンがすべて入っている肝臓用のサプリメントをお求めならレバリズム-Lを!

 

肝機能の改善を前面に押し出しているサプリメントは沢山ありますけど、この3つが沢山含まれているのはこのレバリズム-Lしかありません!殆どの物がオルニチンだけなのでレバリズム-Lは成分として優秀です。

 

またお値段もレバリズム-Lはとってもリーズナブル!

 

定期購入しないと割引されないので単品買いすると割高になりますが、定期でも2回目以降を簡単に解約出来ますから問題ありませんね。

 

もし自分の肝臓が心配になってきたら、レバリズム-Lを使ってみましょう。きっとお酒のストレスのない生活になりますよ。